もはや身近になりつつある大阪での二重整形は慎重に検討

二重

大阪で流行の二重整形は埋没法三点どめ

私は20代前半のころ、埋没法三点どめで二重整形をしました。もともと、まぶたが分厚く、二点どめだと後々取れてしまう可能性があると言われ、三点どめをすることにしました。さらに、まぶたの脂肪をすこし吸引する必要があるとのことで、脂肪吸引もしてもらいました。カウンセリングは、お医者さんにしていただいたのですが、とても丁寧で、二重幅もじっくりと検討することができました。あまり広いと不自然なので、末広の二重にすることにしました。手術はとても緊張したのですが、看護婦さんも優しかったですし、大丈夫だよなどと声をかけてくださったので、なんとか気分を落ち着かせることができました。手術の初めに、まぶたの裏に麻酔をしたのですが、それはとても痛かったです。それ以降は、麻酔が効いてきたのもあり、脂肪吸引等も、全く痛くありませんでした。手術は30分ほどで終わりました。終わったら、手術後の様子を記録しておくための、写真撮影がありました。全部で20万円くらいだったと思います。手術後はとても目が腫れると思って、伊達メガネを持って行ったのですが、それほど腫れず、付き添いの母と帰りにカフェに寄ることができるくらいでした。あれから数年経ったのですが、若干二重幅が狭くなってきたような気がします。次もしやるなら、切開法で、一生ものの二重を手に入れたいです。